趣味なし夫婦のシンプルライフ

趣味なし、友達なし、それでも楽しく暮らす夫婦の日常。日々思うことなど。

和菓子が食べたい

最近ドーナッツ2個食べて、その後胃もたれに見舞われてしばらく揚げ物は無理だと感じ、大好きだったチーズケーキも小さい1切れでギブアップしたり。

美味しそう、食べたいとは思うものの、自分が思っているほど体が処理しきれなくなっている気がします。

 

そのせいか、ここ最近はやたらと和風のスイーツが食べたいという欲求に駆られています。

白玉、あんこ、抹茶的な物を口が求めます。

 

更には今まで自分から食べたい!という欲求に駆られたことのない練りきりが猛烈に食べたいんです。

練りきりと抹茶を強烈に欲するお口。

もっと言うとスーパーやコンビニで買えるような和菓子ではなく、和菓子屋さんの和菓子が食べたい気分なんです。

 

という訳で、近くに和菓子のお店が無いか検索してみたところお餅系の和菓子店は有っても、上生菓子を売っているお店はあまりない事を知りました。

そう言えばニュースで老舗和菓子店が減っているというのを聞いた気がします。

 

コンビニなどでも手軽に買えるというのが理由なのか、和菓子離れが進んでいるのか。

いずれにしても、老舗の和菓子店が少なくなっているのなら悲しい事です。

 

私は子供の頃、祖父母と住んでいたことも有り、幼少期は和菓子が身近に有りました。

祖母はたまに自宅で抹茶を立ててくれて、それが大好きだったことを思い出しました。

小学校低学年で抹茶の味が好きだったと思うと、なかなか渋い好みだったなと。

そして、祖父は大の甘いもの好きで特にあんこ物は良く食べていました。

祖父はきんつばが好きだったようですが、当時私はただのあんこの塊にしか思えず、きんつばの何がそんなにい好きなのか疑問でしたが、今ならお茶とともに食べてみたいなと思います。

純粋な抹茶もきんつばもあれ以来口にしていないですが、年令を重ねてもう一度あの味を求めてるようです。

 

日本の古きよきものが廃れてほしくないという気持ちと、せっかく自分の体が求めている良い機会なので、市内の和菓子店を巡って和菓子を生活に取り入れてみようかなと思ったのでした。

まずは今週末、どこかに和菓子を買いに行こう。