趣味なし夫婦のシンプルライフ

趣味なし、友達なし、それでも楽しく暮らす夫婦の日常。日々思うことなど。

「足るを知る」を知る

夫と出会って気づいたことの一つは、「私はどうやら上ばっかり見ているようだ」ということ。

全てにおいて自分より優れている人ばかり見て、自分はまだまだダメだと思ってしまいます。

それにより人と比べて落ち込んだり、自分が嫌になって続けられなくなった事もしばしば。

 

「人と比べて落ち込むなら過去の自分と比べよう」と何かで見たり聞いたりしたことが有ります。

それが出来れば世話無しですが、どうやら私には難しい。

上を見て自分を高められればいいのですが、いつも向上心を保ち続けられもしない。

こんなんじゃダメだ、自分はまだまだだ、と思いがちです。

 

それに比べ夫は、これだけできてすごい!と思えるタイプの様です。

 

例えば貯金に関して、どうとらえるかを比べたとしたら

私は「老後生活を考えたら、まだまだ足りない。」と思うのに対し

夫は「この給料でこれだけ貯められるってすごくない?」と思うそうです。

これはほんの一例で、どうやら色々な事でこういった捉え方の違いが有ったようです。

 

もしやこれが「足るを知る」という事か?

上ばかり見てもきりがない、今ある事に感謝し満足する

私に足りないことかもしれないと思いました。

 

「足るを知る」の一説には続きがあり

「足るを知る者は富み、強めて行う者は志有り」

というのを知った時、私達夫婦のそれぞれを言っているようにも感じました。

 

普段はネガティブな事を言ったり、愚痴を言いがちな夫。

私は超ポジティブな人間だと思っていたのですが、実はそうとばかりではなさそうです。

 

夫の言動から「足るを知る」を知った私、私を見てストイックだという夫

(実際は全くストイックでは無いです!)

 

お互いに無い所を補いながら生きて行けるといいな、と思うのです。