趣味なし夫婦のシンプルライフ

趣味なし、友達なし、それでも楽しく暮らす夫婦の日常。日々思うことなど。

何気ない会話で気をつけたいこと

私は自分の味覚に自信が無い。

外食しても過去に行ったお店の味は全く覚えていないし、「不味くて無理」と思ったことも無い。

つまり、どのお店で食べてもそこそこ美味しい。

なので、「あのお店美味しかった?」的な会話には出来るだけ参加しないようにしています。

私が「美味しかったよ」と言ってもその人にとっては不味いかもしれないし(とにかく自分の味覚に自信が無い)、食の好みは人それぞれなので。

 

逆に、「どこそこのお店は美味しいよ」と言う情報を聞くのは好きです。

私にとって「美味しい」の幅は広いので、人から勧められ実際に行ってガッカリしたことは1度もありません。

 

私の職場では食べ歩きが好きな人が結構いて、よく飲食店の話題で盛り上がっているのを聞きます。

私は常に事務所に居るので、休憩時間の雑談が丸聞こえなんです。

 

そんな会話を聞いていると、ある人が好きだというお店を「ええー、あそこ不味いっしょ~」などと否定する人がいるんです。

これ、ちょくちょく耳にします。

その人にとっては美味しいと言っているのに、なんでわざわざ否定的な事を言うかな。

わざわざ否定しなくても、「あそこの店好きなんだね~」でいいのでは?と思ってしまします。

 

だって味覚や好みは人それぞれで、それに良いも悪いもないんだから。

なぜ、わざわざ相手を不快な気持ちにさせなければならないのか。

 

会話をしている当人たちは何とも思っていないのかもしれませんが、なぜか私は不味いと言われた人に感情移入をしてしまうのです。

自分が作って出した料理に文句言われるのと同じ気分になっているのではないか、と心配になってしまいます。

 

他愛もない日常の会話で無駄に相手の気分を悪くさせる、だれも得をしない行為は実は日常にあふれていて、気づかぬうちにやってしまっているんでしょうね。

自分も気を付けなければと思いました。