趣味なし夫婦のシンプルライフ

趣味なし、友達なし、それでも楽しく暮らす夫婦の日常。日々思うことなど。

モノを減らして得られたこと

私が持ち物を本格的に減らし出したのが2019年(多分)

最初の2年くらいはとにかく大量に処分したり売ったりしました。

徐々に処分するものは減ってきましたが、最近やっと有る物を使い倒せるようになってきたような気がします。

 

モノを減らせば、支出が減る!

と、よく聞きますが、私の場合そうなるまでかなりの時間ががかかりました。

処分費がかかったり、もっと暮らしやすくしたいという欲求から新たに買い替えたものも結構あります。

最初は逆に出費が増えたと思います。

 

片付け出した途端、人生が変わる、支出が減ってお金が貯まる、という簡単な話ではありませんでした。

でも、時間をかけて徐々に、でも振り返れば確実に、人生は好転しました。

自分の持ち物を見直す理由も、やり方も、過程も人それぞれだよなぁと思いました。

 

捨て期も落ち着いて、家の中も安定してくるといよいよ買い物が減ってきました。

例えば収納ケース。

近頃は本当に100均で買い物することが無くなりました。

今持っている物で、収納に困ることは無くなりました。

 

洋服も季節ごとに買う事が無くなりそうです。

 

私は良く休日を利用して、部屋の1箇所を全出しして不要な物を見つけ出したり、もっと使いやすく入れなおしたりするのですが、そんな時でも整理整頓のためのグッツは家に有る物で何とかなるのです。

これが出来るようになると、なにも買い足さなくても上手いこと出来た!と満足度は以前よりも上がります。

やるな、私。と自己肯定感も上がります。

 

最近ではそんなことに喜びを感じるようになりました。

とっても身近にある、地味で小さな幸せです。

でもこんな地味で小さな幸せが、日々積み重なると心が軽く明るくなる気がします。

そして、周りの人にもちょっとだけ心が広く優しくなれる気がします。

そのうちに気づけば周りに嫌な人がいなくなっていました。

 

私にとっては劇的な変化よりも、こうした小さな変化やその変化に気づけるようになったことが、片付けをしたことによる大きな収穫だったかも知れません。