趣味なし夫婦のシンプルライフ

趣味なし、友達なし、それでも楽しく暮らす夫婦の日常。日々思うことなど。

記念日やイベントに興味がない女

一般的に女性は記念日をよく覚えている、男性は忘れがちという話を聞きますが、世間一般では本当にそんな感じなのでしょうか?

 

私は昔からクリスマス、○○記念日、誕生日ですらあまり興味が無く、たとえ忘れられても特に何とも思いません。

そもそも、両親がイベントに重きを置くタイプではなく、家族でクリスマスパーティーをするとか誕生日パーティーをした記憶があまりないのです。

人並みに親から誕生日プレゼントをもらったり、小さい頃はクリスマスに枕元にプレゼントが置いてあったりしたことは有りますが、その日特別な料理が出てきたりすることは無かった気がします。

今思えば、クリスマスケーキも仕事のお付き合いで買った物だったのではないかと思うのです。

 

そんな訳でかなりドライな家庭に育った人間ではありますが、子供には世間一般の季節の行事を体験してもらう為、クリスマスと誕生日くらいは頑張っていたものです。

が、なんせ男の子1人なので、ある程度の年齢になると本人も「そう言うのもういいよ」となり、プレゼントは現金で、とあっという間に私的には楽なイベントとなりました。

 

こんな私でも若かりし頃は友達とパーティーでわいわい楽しむ時代が有りましたが、今となっては本来の自分に戻り「プレゼント要らないから」「欲しい物は欲しい時に買うから大丈夫」と家庭内でのプレゼントのやり取りは全くなくなりました。

 

基本記念日なるものは私も夫もスルーですが、夫、私、息子の誕生日そしてクリスマスが全て11月~1月の真冬に集中して、さらには大事なお正月も途中挟むという渋滞っぷり。

この時期ばっかりプレゼントって、もう良くない?

この時期に欲しい物があるとは限らなくない?

夏物だって欲しい時はあるよね?

という訳で、基本その人が欲しい物が出てきた時に好きなタイミングで買う!

これが合理的と思うのです。

 

ちなみに私の中に「自分へのご褒美」という発想も全くありません。

本当に欲しかったり、食べたかったりしたら「ご褒美」という良い訳は必要なく、お財布と相談して手に入れればいいのでは?というスタンスです。

 

女子力が希薄なのは昔から自覚していますが、結局こういうところなんでしょうな。

 

結局私は年に数回プレゼントをもらうよりも、日々何気ない夫の優しさや気遣いの方が何倍も嬉しいのです。