趣味なし夫婦のシンプルライフ

趣味なし、友達なし、それでも楽しく暮らす夫婦の日常。日々思うことなど。

信頼関係 ②親子

信頼関係の重要性を学んだのは両親からでした。

 

私の家族はみんな自由人。

それぞれ自分の世界を持っていて、やりたいことをする。

一見ばらばらに見えますが、家族に何か困ったことが有った時、たとえ小さなことでも全力で助ける。

そんな両親でした。特に父親がそういう人です。

 

子供のやりたいことを出来る限りやらせてくれる親でした。

勉強しろと言われたことはない

進路にも一切口を出さない

中学に上がる頃には、自分の事は全て自分で決めていました

親が「あーしろ、こーしろ、こうした方がいい」という事が無いので、自分で決めるのが当たり前だと思っていました。

 

反抗期真っただ中の同世代の子から見ると親がうるさくない、自由でいいな、と思うかもしれません。

でも実は、自分の判断や行動に大きな責任を感じていました。

自分で決めるからには変な事は出来ない。

自分を信用してくれている親を裏切るようなことは出来ない!という思いがいつも根底にありました。

 

自由と言うのは責任を伴う事なんだ。

「自由=お気楽で楽しいこと」なんかじゃない。

自由って実は大変な事だ。

中学生の私はそう思っていました。

 

親が意識的にやっていたのか、天然だったのか、当時の私も疑問でしたが、この教育はもしかして凄いのでは?と子供ながら思っていたのを覚えています。

 

結局自分が親になった時、自然と両親と同じことをしていたように思います。

 

息子が小学校高学年に差し掛かる頃と中学校に上がった時、私が思う「なぜ勉強が重要か」を伝えました。

息子がそれを聞いたうえで、勉強するかしないかはもう本人次第だと思ったので、あとは一切口出ししませんでした。

同級生のほとんどが、塾に通ったり家庭教師がいたりする中、自分だけで勉強したいという息子を、実は内心「大丈夫か???」と思いながら。

 

親の立場になって、子供を見守ることが、かなりハラハラドキドキするものだと知りました。

でも心のどこかでこの子はきっと大丈夫!という思いが有ったからこそ、子供の決断を応援し見守る事ができたのだと思います。

 

子供は、親の想像の斜め上を行く決断をすることが有るかもしれません。

実際うちはそうでした。

そんな時、親がしてやれることはあまりないのです。

応援して、必要とされた時だけ手を差し伸べる、せいぜいそれくらい。

(金銭的なサポートという大きな役目がありますが!)

きっとそれで十分なんだと思います。

子供は自分の経験からしか学びと成長は出来ないのですから。

 

思春期までに親子の信頼関係を築く

それが出来ればもう大丈夫!だと私は思います。