趣味なし夫婦のシンプルライフ

趣味なし、友達なし、それでも楽しく暮らす夫婦の日常。日々思うことなど。

夫の私服の変化

夫と出合った頃の私服の印象は、

「この人常に洋服のサイズ合ってないなぁ。」でした。

上は常にオーバーサイズ。ズボンはいつもダボダボで長さも長すぎて地面に擦れていました。

当時はオーバーサイズが流行っていたわけでもなけりゃ、そんな言葉すら聞かない時代でしたが。

 

親しくなってきて「なんか服のサイズ大きくない?」と指摘できるようになり、一緒に買い物に行くようにもなりました。

夫は男性にしては小柄なのですが、それまでは試着も一切せず、常にLサイズを買っていたそうです。

私の見た感じだと、上下共にどう頑張ってもMサイズ、ものによってはSでも大丈夫そうです。

 

それから、夫の好みは私とは真逆で、ポップでカラフルな感じが好き。

それって10代の子が着るデザインじゃない?って思うものを選びがち。

高い物は一切買わず、とにかく安い物しか選びません。

サイズ感は良くなったのですが、40代になってもそんな感で安い物、デザインがポップな物を選びがちで、どうも実年齢とのギャップが激しくなっている気がしていました。

 

私も男性のファッションに関しては良く分からないし、好みが全く違うのでどうしたものか?と思い、以前受けたカラー診断と顔診断を受けてもらうことにしました。

 

本人はあまり乗り気ではなかったのですが、結果とても良かったです。

 

夫のパーソナルカラーはブルーベースのサマーで顔タイプはキュートでした。

好みも真逆でしたが、診断結果も私とは真逆でした。

ちなみに私はイエローベースのオータム、顔タイプはクールです。

 

本人の好み通り、ちょっとポップな感じも似合うようで、40代でもおかしくならない雰囲気や似合うテイストのお店も教えてもらいました。

それからというもの、一緒に買い物やウィンドウショッピングをするのも楽しくなりました。

私も自分では絶対選ばないけれど、夫には似合うものがちょっとずつ分かってきて、それはそれで別世界な感じがとても楽しいです。

 

それから、たまにはちょっといい物も買うようになりました。

 

夫の洋服も少ないながら、上下どれを合わせても合う、組み合わせに悩まない洋服で揃いました。

私的には理想的なクローゼットに仕上がっています。

夫は自分のセンスに全く自信がないタイプでしたが、今では私に組み合わせを聞いて来ることも無くなりました。

 

そして最近、職場の上司に

「俺は服の事分からないけど、なんかいつもオシャレだよね。全部奥さんに選んでもらってるんでしょ?」と言われたそうです。

「私も最近、毎朝いい感じだと思っていたよ」

と伝えると、

「やっぱりあの診断うけてよかってな」と言っていました。

 

そんな訳で、確固たる自分のスタイルを持っている方は必要ないと思いますが、洋服に迷いがある方や全く自信が無い方には、カラー診断や顔タイプ診断が男性にもおススメですよ。