趣味なし夫婦のシンプルライフ

趣味なし、友達なし、それでも楽しく暮らす夫婦の日常。日々思うことなど。

子供の個性

私には現在1歳半の甥っ子がいます。

今年市内に引っ越してきたので、会う機会も多くなりました。

 

自分の息子を育てていた時を思い出すと、子供の個性の差に驚くことが沢山あります。

なんせ私は一人しか育てた経験が無いので、自分の子供しか知らないのです。

 

例えば甥っ子は赤ちゃんの頃からミルクを吐くことが全くない!

しょっちゅう吐いていた息子しか知らないので吐かない事にビックリです。

息子が初めておっぱいを鼻と口からドバーっと吐いた時には衝撃を受けました。

あまりに頻繁にやるのですぐに慣れましたが。

 

息子は離乳食も全然食べてくれず、とにかく苦労しましたが、甥っ子の食べっぷりは凄いんです。

お母さんが口に運ぶペースが遅いと怒り、用意したご飯が足りないと怒るほど。

息子は食べ過ぎるとすぐに吐いていたので、甥っ子の食べっぷりを見ていると

「そんなに食べて吐かないの?大丈夫?」とヒヤヒヤしてしまします。

 

人見知りも全然なく、外でもいつもニコニコ。誰にでも愛想を振りまきます。

お母さんがいなくても、弟(お父さん)と二人で実家に泊まれることに、これまた驚き。

うちの子は、人見知りは激しくて、外ではいつも険しい顔でした。

お母さん(おっぱい)が無いと絶対眠れないので、母親無しの外泊なんて考えられませんでした。

 

自分の子と甥っ子を見ただけでも、赤ちゃんの時からそれぞれの個性はハッキリあって、”標準”なんてものは無いんだな、と実感しました。

子供の数だけ個性が有って、だからこそ子育ての正解なんて分からない。

子育てがこの世に存在する仕事の中で、一番大変で複雑で重要で奥が深いのではないだろうか。

 

久しぶりに小さい子供に接してそう思ったのでした