趣味なし夫婦のシンプルライフ

趣味なし、友達なし、それでも楽しく暮らす夫婦の日常。日々思うことなど。

シンプルライフ 支出の変化

ここ数年の支出を比較してみました。

生活の変化に伴い支出も大きく変化していました。

結果的に1年間の総支出額はここ数年で2021年が最低でした。

 

支出が減った最大の理由は車を2台から1台に減らしたこと。

そして子供の成長に伴いレジャー費が大幅に減った事です。

 

車は軽自動車1台を新古車で購入し、元々所有していた普通車2台を手放しました。

この普通車2台はどちらも中古車で買いましたが、かなり長く乗っていて1台は15万キロ以上乗ることが出来ました。

私の住む地域は豪雪地帯で交通の便もあまり良くない所なので、1台減らすのはちょっと勇気がいりました。

ですが、結果的に夫が転職し、その会社が車通勤不可だったため1台でも全く不便はなくなりました。

軽自動車を購入した年は、車の購入代で一気に年間支出が上がりましたが、その後は維持費が1台になった分かなり楽になりました。

この軽自動車も長く乗れるといいのですが。

 

レジャー費に関しては、息子が小学生の間は週末のたびにどこかへ出かけ、出先で外食することがほとんどでした。

夏には年に数回のキャンプとレジャー費はかなりかかっていましたが、中学入学とともにその全てがなくなり、レジャー費は激減です。

また、私達夫婦もこの時期から家の物の見直しや片付けにハマりだし、家で過ごすことが楽しくなりました。

 

子供が小学生の頃は、男の子というのも有り、今しか一緒に出掛けることは無いだろうと意識的に出かけていたというのも有ります。

成長とともに親と行動することは本当に無くなるので、当時のお金の使い方に後悔は有りません。

 

物の見直しが進むと家計の無駄も見直すようになり、結果的に年間の総支出も減らすことが出来ます。

我が家も家計見直しのセオリー通り固定費の見直しをしましたが、他の部分は特別節約に躍起になっているわけではありません。

それでも、生活の無駄をなくすことで確実に支出の無駄も減っていると感じます。

 

時の流れと共に、自分たちの生活のスタイルが変わり、世の中の流れも変わります。

生活をコンパクトにシンプルにしていることで、こういった変化にも柔軟に対応できる自信が付きました。

こうやって将来への不安が減るという事が、物を見なをす一番のメリットなのかもしれないな、と思います。