趣味なし夫婦のシンプルライフ

趣味なし、友達なし、それでも楽しく暮らす夫婦の日常。日々思うことなど。

「たごまさる」は人の名前ではありません

北海道弁をわりと多用する私と、道産子のくせに北海道弁を全然知らない夫そして息子。

anisenohibi.hatenablog.com

私が「たごまさる」と発言すると二人の頭の中では「田子 勝」みたいな人の名前に変換されたらしい。
二人同時にそうなったという事は、多分この方言を知らない人にとっては人の名前に聞こえるという発見をしました。
こっちが「なるほど~」となったわ。

「たごまる」は紐が絡まって団子になったり、布が絡まる、ぐちゃっとなる事を言います。
「~さる」は自分の意志に反して、なってしまう状態の時に使います

つまり「たごまさる」は何かが自分の意志に反してゴチャっと絡まる又は絡まっている時に使います。
私はよく、長そでを二枚重ねて着た時に、下の袖が中でぐちゃっとなってしまう時に
「いやー、(袖が)たごまさる!」と言います。

多分、北海道弁の上級者バージョンだと思います。
書いていて言うのもなんですが、なんだ、この解説。

45年間生きてきて初めて気づいた「たごまさる」が人の名前に聞こえるという事実。
個人的な備忘録として。。。。