趣味なし夫婦のシンプルライフ

趣味なし、友達なし、それでも楽しく暮らす夫婦の日常。日々思うことなど。

息子の帰省と母心

寮生活中の息子が夏休みで帰ってくる。

 

息子の入学が決まった時、周りの人からは「寂しくなるね」とさんざん言われた。

しかし私は心の中で「多分それはないな」と思っていた。

予想通り私に寂しいという感情は湧かず、息子の成長を誇らしく思いつつ開放感にさえ浸っていた。

その理由は恐らく自分が家を出た時のものすごいワクワク感や充実感を覚えているから。

恐らく息子も同じ気持ちだとわかるからだ。

しかも、一人暮らしではなく寮生活というのも親としてはかなり安心できるポイントだ。

 

そんな訳で、一人時間も増え自由気ままに楽しんでいる母であるが、やはり息子から帰省の連絡があると急にソワソワし出す。

 

「帰ってきたら焼肉に連れて行こうか」

「あそこの新しいカフェ、ジェラートの種類が豊富だって。一緒に行ってみようか」

「新しく出来たあの店のフルーツサンド好きかも」

次々浮かぶ場所。

 

ちょっと待て!冷静になるんだ私。

15歳男子が母と出掛けるはず無いじゃないか!

ぎりぎりお供してくれるのは焼肉くらい。

それが現実。

 

でも、お金出してあげるって言ったら一緒に映画行くかな?

 

クールな親を気取っていても所詮こんなもんさ。