趣味なし夫婦のシンプルライフ

趣味なし、友達なし、それでも楽しく暮らす夫婦の日常。日々思うことなど。

手放しを決めたZARAの服とバック

最近のクローゼットは洋服が安定してきて、オールシーズンを通して30着未満が適量のように感じます。

私は、仕事の日は私服を一切着ないので、30着あるとちょっと多く感じ25着くらいが着ない服が無いくらいの丁度いい量です。

ちなみにこの中に含まれるものは、1枚で着られないモノ(下着・靴下を含む)と部屋着を除いた洋服です。

anisenohibi.hatenablog.com

週末ふっと「もう着ないな、手放そうかな」と思い浮かんだ服とバックがなぜかすべて同じ時期に買ったZARAの物でした。

この“ふっと思い浮かぶ”のは私の場合、布団の中。眠りにつく直前か目覚めた直後。

 

日中の意識がハッキリとして判断力がある時に再検討しますが、まぁ大体考えが変わることはありません。

 

今回手放しを決めたのは、夏用のロングカーディガンと春秋用の薄手のトレンチコート、それにカゴバックです。
f:id:anisenohibi:20220726094349j:image

すべて3年前に購入したもの。どれも気に入っていてシーズン中はガンガン使っていたのですが、今年は急に無理なポイントがでてきました。

 

着ないと思う理由は以下の通りです。

ロングカーディガン

  • 長すぎて裾を度々踏んでしまう
  • 袖口が広く食事の時など邪魔になる

トレンチコート

  • シワになりやすい素材のため、車移動中心の私の場合背面のシワが気になる
  • 最近ジャケットが気に入りすぎて春秋コートの出番がない

カゴバック

  • 夏場腕に日焼け止めを塗るためショルダー部分に付いて白くなってしまう
  • そもそも斜めがけ出来ないと持ちづらく不便

 

なんだか、おしゃれのために不便を我慢することが出来なくなってしまったようです。

実用性や扱いやすさがかなり重要なポイントです。

自分も日々変わっているんだなと感じます。

 

そんな訳で3年以上活躍してくれたモノたちを手放すことに決めました。

ZARAでは衣類回収プログラムを行っているようなので、今度近くに行く際に持って行こうと思います。