趣味なし夫婦のシンプルライフ

趣味なし、友達なし、それでも楽しく暮らす夫婦の日常。日々思うことなど。

程よいあきらめ

以前も書いたのですが、私たち夫婦は2人そろって氷河期世代

典型的な氷河期世代というのか、二人とも転職回数多めで、現在も非正規雇用だし、収入もこの年代にしては確実に低いです。

それでも、二人共フルタイムで仕事をしているし、支出が少ない方なので特に困窮しているわけでもなく、収入に見合った生活をして特に不満はありません。

まぁ、収入が高いに越したことは無いですけど。

 

仕事面や収入に関してはちょっと人より劣っていることは自覚している私たち。

職場での理不尽な出来事や、人間関係の愚痴を話していても最終的には

「でも、氷河期世代の負け組のうちらが働く職場なんてそんなもんよ。」

「そこで働く人なんてみんなそんなもんよ。」

と、あきらめ発言でおわります。

 

そんな思考だから駄目なんだ?と思う人もいるかもしれませんが、私たち的には卑屈になっているわけでも、自分や周りの人を卑下しているわけでもありません。

 

この会話の裏には、こんな私たちでもこうやって仕事ができて、何不自由なく生活が出来ているのだから、不満ばかり言っていてもしょうがない。

この現状に感謝しなきゃね。という気持ちが含まれています。

伝わるかな・・・?

 

なので、これは程よくポジティブな諦め。

 

足るを知る者は富み

強めて行う者は志有り

 

ってことかな?