趣味なし夫婦のシンプルライフ

趣味なし、友達なし、それでも楽しく暮らす夫婦の日常。日々思うことなど。

夫の思いと妻の思い

「今日何食べたい?」という質問に「何でもいい」と言われるのが、一番腹が立つ!ってよく聞きます。

うちの夫もそういうものだと思い

さりげなく献立の提案をしてくれることが有りました。

でもいつも却下され、しまいには「食べたかったら自分で作れば?」

と言われる始末。なんてひどい!可哀そう・・・(言ってるの私ですけど)

 

どうやら私は、献立を提案されるのが嫌なタイプだったようです。

自分でも気づかなかった。

なぜ嫌なのか考えたんですが、

うちでは週末に1週間分の買い物をしていて、毎日翌日の晩御飯にどの食材を使うか何となく決めています。

 

私の頭の中はこんな感じ

・食材の期限が早いのあれとあれで・・・(痛み安物から消費)

・メインのたんぱく質は何にするか(たまには魚にして)

・冷凍してある肉は朝のうちに冷凍庫から出さなきゃ

・このメインと副菜だけで足りるか?

・できれば翌日の弁当に入れられるおかずにしたい

⇒等々を複合的に考えながら大体の食材を決定

この思考をめぐらせながらの独り言

「今日何しよう・・・」

この独り言に夫は反応して、献立を提案してくれたわけです。

 

私はというと、「今日何しよう・・・」は完全なる純粋な独り言で「今日何しよう?」と問いかけている訳ではなく、「この材料をどう調理しよう」という意味だったんです。

声に出しちゃいかんやつだったか。

 

夫と色々話しているうちに、なぜ夫はメニューの提案をしてくれているのか。

なぜ、私はことごとく却下し、何ならちょっとイラっとするのかがやっとわかりました。

 

という訳で、最近私は軽々しく「今日何しよう・・・」と言うのは辞め、夫も食べたいものは前もって「最近カレー食べてないけど、カレーもいいよね」とか言ってくれるようになりました。

私の場合、直前のリクエスト(前日すら無理)には一切答えられないので。

お互いを理解するにはやっぱり会話が大事ですね。