趣味なし夫婦のシンプルライフ

趣味なし、友達なし、それでも楽しく暮らす夫婦の日常。日々思うことなど。

私の劣等感~内面編~

昨日は見た目の劣等感に関して書きましたが、今日は内面のコンプレックスについて書きたいと思います。

私はとにかく何事も続かないのです。

何度も転職をし、同じ職種で働き続けたわけでもありません。

1つの事を続けられないので何かを極めたり、得意分野を見つけることも出来ませんでした。

趣味が無いのもこの性格のせいだと思います。

 

簡単に言うと飽き性。

好きな事は続けられるとか、好きを仕事にとか聞きますが、私の場合興味が変わってしまうので好きな事が何なのかも分からなくなる始末です。

 

若い頃何度も仕事を辞めている自分は「逃げている」という負い目や、自分は忍耐力が足りないのだと悩んだ時期も長かったです。

才能や得意な事の見つけ方という内容の本も何冊か読みましたが、そこから発展は出来なかった。

 

長年悶々としてきましたが、結局年を重ね開き直ることで最近やっと悩まなくなりました。

結局開き直り・・・

劣等感を覚えつつも結局はこの性格を変えるつもりは無いのかもしれません。

深層心理では自分の個性として受け入れているのかも。

そうなると、あとは自分の気持ちに折り合いをつけるしかないのです。(私の場合)

 

どれも浅い経験ですが、人よりも色々なことに手を付けた分、経験の種類は多いはずです。

この年になって無駄な経験は無いとやっと思えるようになりました。

人との付き合いも同じように浅いですが転職した分色々な人に出会い、その後の人間関係構築に少しは役に立っていると思います。

 

ただ、ここに至るまで私的に自分の気持ちに折り合いをつけるステップはありました。

長くなるのでここは次回書きたいと思います。