趣味なし夫婦のシンプルライフ

趣味なし、友達なし、それでも楽しく暮らす夫婦の日常。日々思うことなど。

子供の作品どうしてる?

幼稚園~小学校の間に子供が持ち帰ってくる作品の数々は相当な量になりますが、どうしていますか?

我が家は割とサクサク処分します。

親としては捨てづらいけれど、自分が子供の立場だったら取っておかれても恥ずかしいし要らないと思うので、私は本人に聞きます。

そうすると帰ってくる返事は「要らない」が100%。

よく写真に撮ってから処分するのがいいと聞きますが、写真に撮りさえしていません。

ひどい親に感じるかもしれませんが、私が本人に聞くのは使い道や飾ることはしないようなものだけ。

実は、生活の中で息子の作品は生きています。

色々集めてみましたが結構な量になりました。

 

例えばコースターは幼稚園で母の日に作ってくれた物で、毎日使い続けて10年です。

唯一、使うわけでも飾るわけでもないけいれど大切にとってある絵が1点。

可愛すぎてこれは一生持っていると思います。

幼稚園や学校でお題が有って書いたわけではなく、家で自ら書いてくれたのもです。

覚えたての字で一生懸命書いてくれていて、しかも私自身色々と大変な事が起きている時期だったので、渡してくれた時は本当にうれしかったです。

時々眺めては心が温かくなり、この世で私を一番癒してくれる絵です。

 

「物は使うからこそ価値がある」というのが私の持論ですが、子供の作品も親の癒しになるなら立派に役割を果たし価値のあるモノになっていると思います。