趣味なし夫婦のシンプルライフ

趣味なし、友達なし、それでも楽しく暮らす夫婦の日常。日々思うことなど。

物を減らすとお金が増えるってホント??


よく「物を減らすとお金が増える」と言いますが、私の場合はどうなのかを書きたいを思います。

結論から言うと以下のような段階を経て、時間はかかるが最終的に支出が減って将来の不安が減るという結果に
第1段階 処分費がかかり出費増
第2段階 買い替えや新たに導入した物に出費増
第3段階 改革が落ち着き安定期(引き続き、不要な物は処分)増減なし
第4段階 物の使い倒し期に入り支出減
第5段階 必要な物の量を把握し余分な出費が減る

うちは元々それほど物が多かった訳ではありません。
普通もしくは一般的な家庭よりも少ない方だと思います。
それでも、物を減らしすぐにお金が増える、支出が減ったという実感はありませんでした。むしろ、支出が増えている気さえしました。
その理由としては、ごみの処分にお金がかかったから。
売れそうな物はフリマアプリや近所のリサイクルショップに売りましたが、それでも処分費の方がかかったような気がします。

ある程度不用品を手放してからは、物の買い替えや買い足しも有りました。
処分のみで新たに買わなければいいのでしょうが、そうもいかなかったのが現状です。
例えば、ソファーを手放してビーズクッションを購入したり、大型の食器棚や机を小さいものに買い替えたり。
細かい物ですと、ハンガーを同じ物に揃え洋服も結構買い替えました。
これは一気に行ったわけではなく数年かけて徐々にです。
なので、総合的には結構なお金をかけたと思います。

ある程度家の中の改革が安定すると片付けによる出費も収まります。
日々不要なものは出てきますが、大型の物を処分しなくて済むのでやっと安定してくる感じです。
今は有るものを利用し使い倒す事ができるようになり、余計な小物、例えば百均での収納アイテムなど全く買わなくなりました。
小さいことの様ですが、実は塵も積もれば…で以前はこういう買い物に結構お金を使っていたと思います。

最終的にはよく言われているように、在庫を把握でき無駄なものを家に入れたくないので余計な買い物も減らすことが出来ていると実感しています。


私の場合最初は結構お金もかかりましたが、時間をかけて「小さく暮らす一生モノの術を手に入れられる」それにより「将来のお金の不安が小さくなる」という大きなメリットがありました。