趣味なし夫婦のシンプルライフ

趣味なし、友達なし、それでも楽しく暮らす夫婦の日常。日々思うことなど。

ふるさと納税 意外とやってる人少ない?

先日、今年の住民税決定通知書が届きました。

私は遅ればせながら昨年からふるさと納税を始めたので、今回真っ先にチェックしたのは控除額。しっかり納税額から2,000円引いた額が控除されていました!

 

我が家は楽天経済圏で生きているので、年に2回夫と私の分を楽天市場で納税します。

お買い物マラソン期間に購入するとポイントアップでなかなかのポイントが付くし、クレジット払いでその分もポイントが付きかなりお得感満載です。

ちなみに今年はすべてお米にしました。

これで食費がかなり助かります。


 

なぜもっと早く始めなかったんだ自分。

そんな訳で、今年はこの住民税決定通知書が配られて時に職場の同じく楽天ユーザーの方に「ふるさと納税やってます?」と聞いてみました。

「え、何それ」という反応でちょっとびっくり。

私が楽天市場でもできることを説明していると、そこに来た別の同僚もふるさと納税の仕組みを全く知らなかった。結局どういう仕組みか、なぜお得なのかを一所懸命説明する羽目に。

「でもさ、まず先に買い物するんでしょ?そこがな~」「う~ん…なんか難しいよね」と渋い反応でした。

私の説明が下手だったせいか、このお得さがイマイチ伝わらず多分二人ともやらないだろうな。

 

それにしても、これだけ話題になっているし皆とっくにやっていると思っていたのに意外と私の周りでは興味の無い人が多くてびっくりでした。

そこで一体どれくらいの人がこの制度を利用しているのかちょこっと調べてみました。

どうやらふるさと納税を利用し住民税の控除手続きを行った人は全体の9%〜10%程度(10人に1人)だそうです。まだ少数派だったのね。

 

私は職場でも一番給料が低い方だし、ほかの人は奥さんとバリバリ共働きで絶対世帯収入高いよね、って人達なのになんだかもったいない。

普段話を聞いていると、結構シビアに安い物選んだり、値切ったりしてお得を追求している人達だと思ったのに。

その労力があるなら、こっちの方は簡単に数万円が浮くよ~と心の中で思うのでした。