趣味なし夫婦のシンプルライフ

趣味なし、友達なし、それでも楽しく暮らす夫婦の日常。日々思うことなど。

自分のキャパを思い知る

我が家が散らかりにくくなってきたのは、私が自分のキャパをわかってきたからだと思います。ここで言うキャパは、自分で管理把握できる物量の事です。

 

私はこのキャパがおそらく人より極端に少ないです。

昔は整理整頓ムリ!机の上も、引出しの中も、カバンの中までごっちゃごちゃでした。

今でも整理整頓は苦手ですが、自分が「きれい」を保てる物量にしたので以前のような状態にはなりにくいです。

 

おしゃれに飾り、埃をためないようにマメに掃除をして素敵な部屋を保てる人を心底尊敬します。

おしゃれな部屋には滅茶苦茶憧れますが、物を除けながら掃除をする事が苦痛、何かをしまう時も整えることができないのです…

出来ることは、ワンアクションで引出しに入れる、以上!

簡単に言うと「ずぼら」です。

 

部屋をおしゃれにするセンスも無いと分かっているのでそこは最初から捨てました。

後はいかに物を除けずに掃除ができる環境にするか。

そうすると必然的に物が減っていきます。

そして物が減った今の状況が私のキャパという訳です。

引出しの中も、だいぶ隙間ができてきたのでポンッと入れるだけで済み、中の物がとっ散らかっているという事はなくなりました。

まだ入るけど入れない、余裕のある空間が私には必要でした。

 

自分のキャパの小ささを受け入れることで、部屋のドアを開けた時、引出しを開けた時の自己嫌悪もなくなり心にも余裕ができたのです。