趣味なし夫婦のシンプルライフ

趣味なし、友達なし、それでも楽しく暮らす夫婦の日常。日々思うことなど。

私自身のこと 思考

カレーでいいよ!

「カレーでいいよ!」 の「で」は余計だと思う。 カレーって簡単料理の代表みたいになってますが、私的にはそうでもないです。 カレーって、言うほど簡単じゃないと思う、時間もかかるし。 確かにカレーは材料を鍋で煮て、ルーを入れればOKなので味付けに悩…

修行

私は”せわしない”人間です。身近な人からよくそう言われますし、自分でも思います。プライベートでは、本当にじっとしていることがありません。なぜなのかは自分でも分からないのですが、とにかく「あれをして、これをして、その後これをして」と落ち着きな…

おばあちゃんになるのが楽しみでワクワクする

女性はいつまでも若々しくいたい、年を取りたくないと思いがち。確かに中年以降になっても、若く美しくいる人を見ると羨ましく思う事も有ります。 でも、私は昔から年を取る事がそれほど嫌ではありません。年令を重ねることに喜びを感じる事さえあります。 …

座右の銘

私は昔から密かに自分の心の中にだけとどめている座右の銘が有ります。20代の頃は「脂肪ためずに金貯めろ」「質素倹約」人に言えるようなものでは無いので言ったことはありませんが、いつも心の中にある言葉です。20代女子には似つかわしくない圧が強め、超…

気乗りしない買い物

買い物と聞いてワクワクするか、面倒くさいなどの負の感情が湧くか人それぞれだと思います。私は割とワクワクする方です。買う買わないは別としてお店を見て回るのも好きです。 ただ、日常にはどうしても気乗りしない買い物もあります。最近気づいた気乗りし…

私の敵は頭痛

いつの頃からか分かりませんが、私は頭痛持ちになってしまいました。いつ襲ってくるか分からない頭痛。子育て最盛期が頭痛も最盛期だったように思います。 今年は頭痛の頻度もだいぶ減っていい調子だと思っていたのに、数日前からまたヤツがやってきました。…

「私の母は若い頃から爪を綺麗に手入れしている人でした」今日こんな一文を読みハッと自分の手に目が行った。今、私の右手は手荒れでボロボロ。出産してから、手荒れを繰返している。 小指と人差し指以外、すべての指に手湿疹が出て痒みと痛みで辛い。ここ数…

人は変わる

幼少期の私は外に出ると、とてつもなく大人しく、常に険しい顔をしている、大人から見ると何とも可愛らしくない子供でした。 幼稚園に入るとますますひどくなり、幼稚園、小学校ではいつも緊張していました。 母が言うには、幼稚園に行くと必ず私だけがメソ…

七転び八起き

小学校の頃、学級スローガンか何かで「七転び八起き」という言葉が採用されたことが有ります。 当時、 「失敗してもまた立ち上がって頑張らないといけないのか。。。人生修行だな、大人になるのは大変そうだな」と思っ記憶があります。 それからウン十年。 …

今を生きる

AIに仕事が奪われる今後10年で無くなる職業、など怖い話を耳にしますが、私の仕事は真っ先に無くなると思います。 10年どころか今すぐにでもなくなる可能性があり何か技術を身につけなければとヒヤヒヤしてもいい状況ですが私は結構のんきに生きています。 Y…

眠れない時にやっていること

日本人は世界の中でも睡眠時間が短いと聞きますが、 私は基本寝るのが大好きなので最低でも7時間、できれば8時間は寝たいです。 しかも、寝付けずゴロゴロするのも嫌だし、途中トイレに起きるのも嫌です。 なので、どうすれば寝つきが良くなるのか、 気持…

憧れの芸能人

突然ですが、初めて好きになった芸能人の話です。 私が人生で初めて好きになった芸能人(人生初めて好きになった人)それはモッくんこと本木雅弘さん。 なんてカッコいいんだ!大好き~!となったのは何歳の頃だったのか。 記憶に残っているのは、シブがき隊…

他人の失敗を責める人の気持ちがわからない

私は、結構やらかすタイプだと自覚しています。 せっかちなので仕事は早い方ですが、その分ちょいちょいやらかします。 自分で分かっているので気を付けてはいますが、人間ミスをゼロにするのは不可能だと思っています。 基本、自分の事は信用していません。…

観葉植物への憧れとあきらめ

部屋に緑が有るって素敵ですよね。 オシャレで癒されるしめちゃめちゃ憧れます。 でも、うちには観葉植物1つも有りません。 なぜなら管理できる自信がないから。 お店で見ては何度買おうと思ったことか。 その度に冷静に一度考え、そして諦めます。 私が観葉…

今年の特別支出

家計簿を付けるのが地味に好きです。 色々なやり方を試して2年前から今のやり方落ち着いていますが、現時点では月々の変動が一番わかりやすいがこのやり方かな?と思っています。 2年前に大きく変えた所は、毎月定額を特別支出として計上し、特別支出は別に…

ぎっくり背中

昨日久しぶりに背中をやってしまった。 職場でやたらと荷物が届き、一人で片付けをしていたところ変な体勢だったのか背中にピキっと痛みが走りそこからしばらくフリーズ。 今回は軽かったので、姿勢によっては痛みが走るものの普通に生活は出来る程度でよか…

友達付き合いからの解放

現在私は友達付き合いがゼロですが、とても解放された気分で生きやすいと感じます。 ただ最近まで自分は友達付き合いが苦手な人間だとは全く気付いていませんでした。 しかしよく考えてみると元々は一人で居るのが好きで、極度に大人しい人間なのです。 以前…

危険!絶対やっちゃダメな目の体操

私は若い頃から両目とも0.1もないほどのド近眼です。 近眼が強い人に危険すぎる行為についての私の経験です。 よく、視力回復のための「目の体操」や老け防止の「顔の筋トレ」などが有りますが 眼球に負担がかかるものは絶対に辞めた方がいいです。 実際私も…

程よいあきらめ

以前も書いたのですが、私たち夫婦は2人そろって氷河期世代。 典型的な氷河期世代というのか、二人とも転職回数多めで、現在も非正規雇用だし、収入もこの年代にしては確実に低いです。 それでも、二人共フルタイムで仕事をしているし、支出が少ない方なの…

いじめでうけた心の傷

私は小学校6年生で転校を経験しました。 当時の私は今では想像がつかない程おとなしく内向的な性格でした。 クラスで一番静かな子だったかもしれません。 転校先は田舎で生徒数も少なく2クラスしかない学校で、以前の学校と比べると転校生も珍しくかなり閉…

自分の体への投資

最近、あまりに自分の体がゆがんでいることに気づき、これを機に何とか肉体改造(?)しようと心に決めました。 もう15年間何をやっても治らない肩こり。整形外科に行き、整体や鍼灸院に行き、リンパマッサージをうけました。 どれも一時的によくなるのです…

自分の横顔にドン引き

以前自分の後ろ姿を写真に撮って体のゆがみにドン引きしたことを書いて、最近自分の横顔にもドン引きしたのを思い出しました。 自分の横顔って写真で見ない限りちゃんと見えないですよね? 合わせ鏡で見ても真横は見えないと思うんですよ。 私は見たことが無…

体のゆがみにドン引き

私はわりと体を動かすことが好きです。 子供の頃から運動系の習い事や部活、遠くの学校へ自電車通学など何だかんだと運動をしていたおかげで頑丈な体が出来上がりました。 今も一人で出来るストレッチやピラティスをYouTube見ながらやっています。 にもかか…

体重計を買い替えた理由

子育て真っ最中の頃から自分の事を気にする余裕が無く、大きく体調が崩れなければそれでOKと今まで過ごして来ました。 ですが最近心に余裕ができると洋服を気にするようになり、自分のスタイルや体調にも目が向きだしました。 anisenohibi.hatenablog.com 便…

「名もなき家事」への思いは続く ストレスを可視化してみた

私のイライラの原因が名もなき家事だと判明したので、徹底的にイライラを可視化しようと思います。 昨日の記事はこちら anisenohibi.hatenablog.com 名もなき家事と名のある家事、3種類に分類して思いつく限りリスト化してみました。 ①二人ともやるもの ②主…

小さなイライラの原因は「名もなき家事」

昨日からなんだかイライラして、家で不機嫌になってしまいます。 周期的に生理前でも無い。 なぜなのか冷静に考えてみました。 一つ自覚のある理由は昨日の出来事。それは今回のイライラに被さってきた、原因がはっきりしたもの。 でも、それ以外に何かモヤ…

何事も続かない、飽き性な私が救われた本

昨日の記事で、内面的なコンプレックスは物事を続けられない、飽き性な事だと書きました。 よろしければこちらもご覧ください。 今は自分のこんな性分に悩み続けることから解放されました。 完全ではないかもしれませんが、少なくとも心は軽くなりました。 …

私の劣等感~内面編~

昨日は見た目の劣等感に関して書きましたが、今日は内面のコンプレックスについて書きたいと思います。 私はとにかく何事も続かないのです。 何度も転職をし、同じ職種で働き続けたわけでもありません。 1つの事を続けられないので何かを極めたり、得意分野…

私の劣等感 ~見た目編~

ほとんどの人が持っているであろうコンプレックス。 私も外見的な部分でいくつも有りますが、その筆頭が肌(顔)です。 中学生時代からニキビが出始め20代でも治まることはありませんでした。 青春ニキビの一番ひどい時期は高校時代。 青春ニキビが落ち着く…

誰から見ても完璧な親だからと言って子育て成功するってわけじゃないよね

以前に何度も書いていますが私は料理が苦手です。 うちの夫は私が何を作っても料理に文句は言いません。 毎日同じ物を出しても、1品料理が続いても、お惣菜が続いても多分決して文句は言いません。 「家に帰ってご飯がある事が当たり前と思わない」「ある日…