趣味なし夫婦のシンプルライフ

趣味なし、友達なし、それでも楽しく暮らす夫婦の日常。日々思うことなど。

アットホームすぎる職場

私がこの職場に来て約4年が経ちます。

入社して以来、数度の部署異動がありこの事業所は私にとって3か所目です。

 

ここは今まで居た所とは雰囲気が全く違い、かなり独特な職場です。

何故かというとここは社内で最も古い事業所で(本社が出来る前からある)、働く従業員も古株が大勢います。

しかもこの事業所の人たちは他の事業所に異動することが無いため、みんな同じところに10年~30年勤務しています。

 

そのせいか自分の家のように過ごす人が多々います。

あまり使われていない部屋に布団を敷いて休憩時間を過ごす人。

冷蔵庫にやたら私物を入れている人。

空いているロッカーに私物を詰め込み勝手に使っている人。

休みの日にやってきて自分の車を磨く人。

まぁ色々います。

 

冷蔵庫には誰のか分からない冷凍食品や、瓶に入った佃煮みたいなもの、飲み物に至るまで、いつから有るのか不明な物が沢山入っています。

絶対賞味期限切れてるわって物もざら。

私物らしいので勝手に捨てることも出来ず、汚いけど見て見ぬふりです。

 

それに給湯室にある古い食器棚には、コップ、茶碗、どんぶり、プラスチックの保存容器に至るまで謎の食器でパンパンです。

実家の台所かよ!って感じ。

 

私の前にここで事務をしていた人がやたら世話焼きな人で、事あるごとに皆に料理をふるまっていたらしいのでそのせいなのか。

その人は会社のお金で食材を買い料理をしていたらしく、それが本社にバレ今では給湯室のコンロはなくなりました。

 

料理の苦手な私は人様に食べさせられるような物は作れないので、変な伝統?が無くなり良かったですが。

 

ちなみに女子休憩室にも、誰も使っていない古びた座椅子、ぬいぐるみや招き猫、謎の小物入れ、ヒビの入った鏡など、なんじゃこりゃ!って物が沢山あったのですが、一時期女性職員が私だけになったタイミングがあり、ここぞとばかりに全部処分してやりました。

もちろん、女性は居なくなり誰の私物でもない事が判明し、上司に了承を得ています。

 

お陰様で女子休憩室はスッキリして満足満足。

以前は女性同士のいざこざが暇なし起こり、その結果最終的にみんな辞めていったのですが。

休憩室もスッキリした今、新しく来た人たちに揉め事はなく「やっぱりごちゃごちゃした空間は良くないよね!」

と個人的には思っています。

 

昔ながらな慣習に慣れ切った職場の雰囲気ですが、私がここに来る少し前にトップが変わり、無駄な備品も少なくなってきました。

以前は新入社員が来ても古い人たちにやられ中々続かなかったのですが、最近は若手が少しずつ増え退職する人も以前より減ってきて様に思います。

 

このまま変わっていくのか、古株が頑張るのか。

15歳のミニマリスト

夏休みで息子帰省中につき、息子の話題が増えそうです。

 

高校1年生の息子は私から見てもなかなかミニマリストだと思います。

私の影響も少なからずあるとは思いますが、元々合理主義的な性格と私から受け継いだズボラな性格がここに落ち着いた理由だと思います。

本人は特にミニマルな生活に興味があるわけでも、ミニマニストの生活を調べて目指しているわけでは無いのですが。

anisenohibi.hatenablog.com

 

息子の部屋の9割が本です。興味がある物に集中したいらしいです。

それ以外はファッションにも興味が無く、着るものを考えるのが面倒だと、服を買う時は同じ物を2~3枚買ってローテーションします。

もちろん靴下も全く同じも買い組み合わせ自由、穴が開いてもOKな状態にしています。

(母、内心)おぉ~男性ミニマリストさん達がやってるやつでしょ!

 

寮に入る際、日用品を買いに行っても色んな種類を買うのが面倒だからと頭から体まで全身1つで済むものを買っていました。

(母、内心)だよね、だよね!ミニマリストやるやつだよね!

 

携帯の画面もものすごくスッキリしているのですが、最近は中身もどんどん削除して検索履歴やYouTubeの視聴履歴、ラインのトーク履歴まで消しているらしいです。

(母、内心)私も検索履歴なんかは消していたけど、そこまでじゃないわ~

ラインのトーク履歴って消せるの???

そんなこと思いつかなかったわ。

 

ただ・・・ミニマリスト思考の息子ですが、残念ながら部屋はなぜかごちゃごちゃです。ズボラなせいだね。

洗濯した服や脱いだ服が散らかり、学校の勉強道具らしき本やノート、カバンが散らかり、ミニマリストどこ行った??って感じです。

家ではそんな状態なので、寮の部屋は大丈夫かと心配して聞いたところ

「俺の部屋なんて何にもなくてめっちゃ綺麗だよ!本棚に本はあるけどそれ以外は持って行った引出ししかないし!写真撮ってくればよかった」

「友達の部屋なんて圧迫感半端ないから!」

と力説していました。

 

片付いているならよかったよ。

 

ちなみに息子は中学の卒業アルバムを買いませんでした。

どうせ見ないし、要らない!とのこと。

小学校のも買わなくてよかったな。と言っています。

ちなみにクラスで買わなかったのは一人だけ。

購入締め切り日に先生から電話が有り「申し込みが無いですが大丈夫ですか?」

と確認されました。

 

紙の本が好きで、これだけは沢山持っているのですが先日ついにキンドルが欲しいと言い出しました。

紙の本までなくなって、この先ミニマル化は加速していくのだろうか?

母は楽しみだ。

人間関係がみるみる良くなる??

職場で一番重要なのは結局人間関係なのではないかと思います。

上司や同僚後輩など、周りにどんな人がいるかはその時の運。とも言えますが、その人たちとどう関わるかで自分にとって居心地のいい場となるか、最悪な場となるかが決まってくる。

結局自分がどう接するかにかかっているのかもしれないと最近思うのです。

 

私は業務上会社にかかってくる電話すべてに出るのですが、中には全く普通の他愛もないやり取りにも関わらず、なぜか偉そうな物言いをしたり、感じの悪い対応で相手を無駄にイラつかせる人がいます。

そして電話の相手ばかりでなく、同じ職場にもこのような人は何人かいます。

 

いつも、この人たちは一体何のためにこんな話し方をするのだろうと疑問に思ってしまいますが、多分本人たちは全く気が付いていないのだと思う。

 

しかしこの人たちは、感じのいい話し方をする人に比べると相手を怒らせたり、トラブルに巻き込まれたり、大して知りもしない相手にすら猛烈に嫌われているのだろうと容易に想像がつきます。

そして自分はツイてないとか、自分の周りには嫌な奴ばっかりだとか思っているのかも。

 

もとはと言えば、自分が蒔いた種だという事には気づかず、気づかない限り永遠にこの負の世界から抜け出すことはないのでしょう。

 

逆を考えると自分が接する相手全てに感じよくしていればこの不運からかなり抜け出せるのではないだろうか?

それが周りの人たちを見て学んだことです。

 

実際に自分に関わる人には極力、私と話した後いい気分になれるよう心掛けるようになりました。

お店などでも、特別何かしてもらったわけでもないけど、何となく話した後にいい気分になる店員さんっていませんか?

そんな人を目指しています。

特別相手に気を使ったり、媚を売ったりする必要は全くありません。

要は感じよくしていればいいのだと思います。

 

そのお陰か、現在職場で苦手な人や嫌いな人は全くいなくなり、かなり快適な環境となっています。

ちなみにですが、常にニコニコしているばかりではありません。

高圧的または攻撃的に接してきた相手にはそれなりに対応しています。

ただし、ある程度丁寧に。

 

そしてもう一つ私の中でのストレスを減らすポイントは、面白がること。

相手が感じ悪い時には、

「あの人無駄に感じ悪いよね。もはや面白いわ」

とか

「また怒ってるよ~家では立場弱くて会社で発散してるのかな」

ってな感じです。

取り合えず、最後に「面白いわ~」「ウケる」と付けていればOK。

心の中で思っているだけでもいいし、時と相手を選んで口に出してもいいと思います。

そうやっているうちに本当にみんなの個性が面白くなってきて、優しく接することが出来るようになってきました。

 

みんなキャラが濃くて楽しい職場です。

ノーリスク&ノーコストなので試してみる価値はあると思います。

ひとりっ子観察記録

家には現在15歳の息子がいます。

ひとりっ子です。

 

未だかつて、周りの兄弟姉妹がいる友達を見ても羨ましいと言ったことは一切ありません。

それどころか、俺は絶対一人っ子がいい。弟も妹もいらない。

と、かなり小さい頃から言い続けていました。

なぜそこまでひとりっ子にこだわっているのかは謎ですが、本人の希望通り無事兄弟のいない環境ですくすく育ちました。

 

そんな息子は、私から見るとかなり独特、超マイペース、わが道を行く、そんな男です。

 

私が子供の頃、それほどひとりっ子が多くなかった時代は “ひとりっ子はわがまま”と言われていたように思いますが、実際自分の子や、息子の友達を見てもわがままというイメージは一切ありません。

 

それどころか、息子を含め兄弟のいないお友達はみんな大らかで自分の世界を持っている。そして周りに流されない子が多い気がします。

ざっくり言うとやっぱりマイペースです。

 

このマイペースという個性が昔は“わがまま”と捉えられたのかな??

 

息子が小学生の頃は、放課後、昭和の子供のように友達と空き地で野球をしたり、自転車で出かけたり、時にはケンカをして泣いて帰ってきたり。

普通に小学生を満喫している部分もあるのですが、それ以外の時間はみんながハマるゲームにはほぼ興味を示さず、独自の世界に没頭していました。

 

ハマるモノはその都度変わっていましたが、どれも周りの同級生が全く興味を示さないような分野にのめり込むのです。

 

小さい頃から昔から本が好きで、興味のある分野の本を買いあさり、読みまくります。

学校の休み時間にもその本を一人で読んだり、何やら作り始めたりするので、やはり周りからは変わった子だと思われていたようです。

周りから奇異な目で見られていても本人は一切お構いなしです。

 

ただ、凄いのが人間関係はそれなりに上手い事やっているようで、変な奴として仲間外れに合うことも無く、小学校中学校とその独特な個性をクラスの中で認知され、独特なポジションとして確立していいたようなのです。

そして息子の小学校からの一番仲のいいひとりっ子の親友。

彼もまた同じように独特な個性を貫き、そのポジションをちゃんと確立していました。

ちなみにこの子の事を息子は「超変人」と言っています。

お前が言うな!

 

これは個性を大事にするようになってきた時代の流れなのか、この子たちの学校や環境がたまたま良かっただけなのかはわかりませんが、私には絶対できない能力だなといつも思って見ています。

 

自分の子供時代を振り返ると「周りと違うのは良くない事」だと何となく思っていたし、友達と違う事をすると不安になってしまう子供だったので。

そんな私からすると参観などで学校に行くときは、いつもハラハラ、ドキドキです。

大抵一人で何やらやっていて、周りのを見ていない息子に

「ほら、みんなこれやってるよ。一緒にやらなくていいの?」

などと声を掛けそうになるのをぐっとこらえていました。

 

そんな息子なので、同級生が塾に通い、家庭教師が付くなか、塾に行くどころか通信教育の類も一切必要ないと言い、みんなが受験する地元の高校には目もくれず、家からはるか遠い卒業生の受験記録が無い学校に進学するという、やっぱり独自の道を進みました。

 

そして現在、そんな独特な人たちが集まる?学校で寮生活を満喫し、勉強が楽しいと言っています。

小学校中学校と結果的に何とか無事過ごし、本人的に充実した子供時代だったようなので、彼はこれでいいのだなと思えるようになりました。

 

母としてはそんな個性を邪魔しないよう、これからも見守っていきたいと思っています。

これが私の「ひとりっ子観察記録」観察対象たったの2名(息子と友達)のお話でした。

雪国特有の減らせないもの

真夏に真冬の話題です。

私達夫婦は二人共持ち物を極力減らしたい派です。

なのでよく家にあるモノで不要な物はないか、無くしても困らないものがあるのではないかと話し合います。

 

そんな話をしているときによく出る話題が雪の降らない地域で暮らしてみたいよねってこと。

北海道生まれ北海道育ちの私たちにとっては冬に雪が降るのは当たり前。

でも、もし雪が降らない寒冷地以外の場所だったら減らせるものはいっぱいあるはず、と考えてしまうのです。

例えば除雪用品。

ママさんダンプは必須だし、スコップも必要です。

ママさんダンプはこんなの↓f:id:anisenohibi:20220803071508j:image

物置には雪かき用のこんなスコップ類が全部で5本有りました。

 

除雪で必要な防寒着、帽子、手袋も持っています。

おしゃれなコートやブーツで除雪できるほど甘くはないのです。

地域によりますが。

ちなみに私は息子がスキー学習の時に着ていたスキーウエアを除雪用にしています。

 

それから車を所有しているためタイヤ、ワイパーは冬用の物が絶対必要!

車の雪下ろしも必要だし、私は小型のスコップも冬は車内に常備しています。


f:id:anisenohibi:20220803071642j:image

雪国でも交通機関が整っている場所でマンション暮らしなら除雪も車も不要かもしれませんが、ちょっと中心部から離れると車は1人1台必須なのが北海道。

 

布団だって冬物の掛布団と毛布を家族全員分持っているし、防寒用の洋服も他の地域より必要なんじゃないかな?

 

とにかく冬に必要な物は大きくかさ張るものばかり。

シーズンオフの今時期は、これらの大物を保管しておかなければなりません。

 

冬はシンドイ北海道ですが、夏は過ごしやすく(ここ数年は暑い日もおおいですが)いい所もたくさんあるので仕事がある間はこの地に住み続けますが、年を取って現役引退したら、移住もありかな?と思うのです。

その為にも、今から身軽に生きて身軽に行動できるようにしていきたいな。

後は資金も必要か・・・

家計の変化 3人から2人に

4月から子供が寮生活になり、大人3人から2人になったので家計にどの程度の変化が出たか5月~6月の3カ月を去年の同じ月と比較してみました。

今回は一番変化があると思われる食費、生活雑貨消耗品類、光熱費(電気・水道)です。

水道料金は2カ月に1度の支払いなのでこの3カ月では6月のみの比較です。

 

老後子供も独立し完全に二人生活になった時のシュミレーションにもなります。

結果は以下の通りです。

 

食費 Total -53,500円

(月平均 −17,833円)

5月 45,751円⇒28,039円  

          -17,712円

6月 45,423円⇒24,192円    

        -21,231円

7月 45,909円⇒31,352円    

        -14,557円

 

生活雑貨消耗品Total -15,502円

(月平均 −5,167円)

5月 15,446円⇒12,800円  

          -2,646円

6月 18,732円⇒33,524円  

          +14,792円

7月 38,390円⇒10,752円  

          -27,638円

 

電気Total -2,508円

(月平均 −836円)

5月 8,431円 ⇒9,580円  

            +1,149円

6月 11,330円⇒9,580円  

            -1,750円

7月 10,659円⇒8,752円   

           -1,907円

 

水道 Total -1,469円

6月 10,098円⇒8,629円   

           -1,469円

 

感想

息子は成長期男子の割には食が細いので食費にそれほど大きな変化はないかと思ったのですが、月平均で17,000円以上減るという思った以上の変化でした。

生活雑貨に関しては、月約5,000円のマイナスは、まぁそれくらいかな?

光熱費は水道料金は1ヶ月分のなのでなんとも言えませんが電気と水道を合わせて1,000円以上減ることがわかりました。

洗濯機を回す回数は格段に減ったので水道料金のマイナスは今後も続くと思います。

 

 

実際生活してみて、やはり大人一人減ると、食料品の買い出しの量がだいぶ減り、洗濯物の量が激減したことで家事の負担はかなり少なくなりました。

料理の負担も半減した感覚です。

やはりそれに比例した金額の変化ではないかと感じました。

 

夏休み、冬休み期間の食費が爆上がりする予感しかありませんが。

使わなくなったキャンプ用品の活用

子供が小学生の間は年に2~3回キャンプに出掛けていました。

子供はそれほどキャンプが好きだった訳ではないのですが、夫が予想外にハマり想定していたよりもキャンプを満喫しました。

 

ただ、息子が中学に入ってからは両親と出かけるはずも無く、だからと言って夫婦二人で行くほどハマっているわけでもないので急に出番のなくなったキャンプ用品。

 

大物は手放し、災害用に使えるものは取ってあります。

 

anisenohibi.hatenablog.com

 

その中で手放しを悩んでいたのが、マットです。

空気を入れるタイプでダブルサイズとシングルサイズの2つを購入し、シングルは穴が開いて手放したのですが、残っているのがダブルサイズのマットです。

 

いつ売りに出されてもおかしくないこのマット。

思いがけず活躍の機会を与えられました。

 

というのも、息子が寮生活に入り今まで使っていたベットマットは帰省した時用に取っておこうと思ったのですが、ある日ソファー代わりに座ってみるとめちゃめちゃ柔らかく腰に悪そうな事に気づきました。

カバーの布にも髪の毛が入り込み取れないし、これは買い替えた方がいいと判断。

 

でも、待てよ。

めったに使わない寝具を買うのはどうなのかと考えた末、試しにキャンプ用のマットに空気を入れ数日寝てみることにしました。

キャンプでは決して寝心地が良いとは言えなかったマット。

家でパンパンに空気を入れてみると思った以上に寝心地がいいのです。

テントの中で膨らますのは大変で、空気が足りなかった事が寝心地の悪い原因だったようです。

結局私はこのマットで1週間快適に寝ることが出来ました。

 

という訳で、マット復活!

息子が帰省した際は私のマットを息子に貸し、私がキャンプ用マットを使うことに!

なぜ私が使うかというと、180㎝近い息子には長さが足りなさそうなのです。

 

これで新しい寝具を買わずに済むし、使っていなかった物を再び活用できるようになりダブルでハッピーな気分です。