趣味なし夫婦のシンプルライフ

趣味なし、友達なし、それでも楽しく暮らす夫婦の日常。日々思うことなど。

危険!絶対やっちゃダメな目の体操

私は若い頃から両目とも0.1もないほどのド近眼です。

 

近眼が強い人に危険すぎる行為についての私の経験です。

よく、視力回復のための「目の体操」や老け防止の「顔の筋トレ」などが有りますが

眼球に負担がかかるものは絶対に辞めた方がいいです。

 

実際私も20代の頃、視力を少しでも良くしたいと思い、目の体操として紹介されていた

目をぎゅっと閉じて、パッと開けるというのをやりました。

パッと開けた瞬間、左目の中に黒っぽい液体が広がったのです。

 

その瞬間、出血した!と思いました。

すぐに、眼科に行ったところ眼底出血と網膜裂孔、網膜剥離を起こしていました。

その場ですぐレーザー治療をし、これ以上剥離が広がるのを防いでもらいました。

 

後日調べたところ、眼球に強い力が加わることは網膜剥離の危険性があるという事。

近眼が強い人の方が網膜剥離を起こすリスクが高いという事を知りました。

目をこする行為もとても危険だそうです。

私は中学生の時に花粉症を発症して、当時あまりの痒さにかなり目をこすっていました。

そういう事も重なっての網膜剥離だったかも知れませんが、目の悪い方は特に気を付けてほしいです。

 

実は息子も小学生の頃から近視が進み、親としては藁にも縋る思いで視力の回復や近視の進行を抑える方法をしらべましたが、

やはりこのような目の体操は出てきました。

自分の経験が無ければ息子にも同じことをさせていたかもしれません。

 

網膜剥離は放置すると失明の恐れもあります。

また、眼底出血は若いうちは自然に吸収されるようですが、私はいまだに左の眼に黒い物が見える飛蚊症の状態のままです。

 

目を強く閉じたり開けたり、眼球を激しく動かす行為は危険な面もはらんでいるので、本当に気を付けてほしいなと思います。

程よいあきらめ

以前も書いたのですが、私たち夫婦は2人そろって氷河期世代

典型的な氷河期世代というのか、二人とも転職回数多めで、現在も非正規雇用だし、収入もこの年代にしては確実に低いです。

それでも、二人共フルタイムで仕事をしているし、支出が少ない方なので特に困窮しているわけでもなく、収入に見合った生活をして特に不満はありません。

まぁ、収入が高いに越したことは無いですけど。

 

仕事面や収入に関してはちょっと人より劣っていることは自覚している私たち。

職場での理不尽な出来事や、人間関係の愚痴を話していても最終的には

「でも、氷河期世代の負け組のうちらが働く職場なんてそんなもんよ。」

「そこで働く人なんてみんなそんなもんよ。」

と、あきらめ発言でおわります。

 

そんな思考だから駄目なんだ?と思う人もいるかもしれませんが、私たち的には卑屈になっているわけでも、自分や周りの人を卑下しているわけでもありません。

 

この会話の裏には、こんな私たちでもこうやって仕事ができて、何不自由なく生活が出来ているのだから、不満ばかり言っていてもしょうがない。

この現状に感謝しなきゃね。という気持ちが含まれています。

伝わるかな・・・?

 

なので、これは程よくポジティブな諦め。

 

足るを知る者は富み

強めて行う者は志有り

 

ってことかな?

職場の愉快な仲間たち〜キャラ変した人〜

私の職場、男性ばかりの職場で個性が強いというか新人に厳しい人が各部署に1人は居て新しい人が定着しません。

そんな中、私の入社より少し後に入社し、先輩たちに厳しくされながらも何とか頑張っている人がいました。

ただ、その人も昔からいる危険人物にやられたり、特殊な病気にかかったりと不運が重なりメンタル的にも病院にかかるようになってしまいました。

 

確かに、仕事ができるタイプではないし、ちょっと変わっていて「ちょっと何言っているのか分かんない」時も有りますが。。。

根は良い人で一緒に仕事をしていない人たちにとっては憎めないキャラです。

一緒に働くとイラつかれるタイプかもしれませんがね。

なので上司からもわりと気にかけられて、優しく接してもらっていたように思います。

 

そんな彼ですが、去年の春、人事異動で部署異動となりました。

異動した先は同じ敷地内ですが別会社への出向で、条件的には私の会社よりも圧倒的に休みが多く、出向者以外は高齢のパートの人で人柄もいい人達ばかりです。

平たく言うとユルイ職場。

上司が配慮してあげたんだと思います。

 

そこからは、みるみる体調もメンタルも良くなったようでかなり元気になり最初は良かったね、とみんな思っていたのです。

ところが数か月前、その彼の職場に女性2人が派遣社員として来たのを機に彼のイメージは一変しました。

 

どうやら、その二人を馴れ馴れしく下の名前で呼び、ラインや携帯番号を聞き、付きまとっているような状態に。

本人は「仕事の相談にのってあげている」と言っているようですが、明らかにその2人のうち1人には頻繁にラインや電話をしてアプローチ感半端ない。

ちなみにどちらの女性も既婚者です。

 

当の女性陣は、気まずくなるのも嫌だしハッキリ拒否も出来ないようです。(上司の聞き取り調査の結果)

上司は面談の際に「下手に勘違いしないように、アイツの連絡は一切無視していいから」と言ったそうです。

 

その彼も随分と強気になったようで、上司から注意を受けても

「プライベートの事は会社に関係ない」

聞く耳持たず。

今日も女性の後を付いて回っています。

 

もし、相手の女性が迷惑してるなら、上司からその彼にもっと強く警告してもいいのでは?と個人的には思うのですが、詳しいやり取りまではわからず。

 

 

それにしても、あのやられていた頃の君はどこへ行った、と言うくらいのキャラ変です。

厳しい人に押さえつけられいてるくらいが丁度良かったのかな。

すぐ調子に乗るタイプだったのね。

と思いながら、傍観する毎日。

北海道と本州の家の違い

昨日、私の妄想する理想の家について書いたのですが、家つながりで今日は北海道の家の特徴や本州の家との違いについて書きたいと思います。

私は北海道でしか暮らしたことが無いので当たり前だと思っていたことも本州から来た人にとっては珍しく見えることもあるようです。

私は過去に本州から来るお客様の道内ツアーに添乗員として乗っていたことが有ります。

その際に、バスガイドさんが北海道の家の特徴を話していて、そこで初めて北海道特有の風景をしりました。

 

例えば、本州の人が北海道の家を見るとおもちゃの家っぽく見えるそうです。

なぜなら屋根に瓦を使っている家が無いから、屋根の色もカラフルです。

それと、屋根が平らな四角い家もたくさんあります。

どちらも雪対策です。

 

瓦は雪の重さでボロボロになってしまうし、三角屋根だと雪が落ちて隣の家に被害を与えてしまう可能性が有ります。

無落雪の平らな屋根は上から見ると溝が有って解けた雪を排水口から外に出すというものが多いです。

周りに何もない所だと、逆に雪を落とし放題なので急な傾斜の三角屋根だったりします。

ちなみに、私の家は緩い三角屋根ですが素材が無落雪仕様になっていて今まで雪が落ちたことはありません。

 

あと玄関フードが付いている家が本当に多いです。

これも雪対策で、玄関の扉の外側にガラスの小部屋みたいな空間が有ります。

これは本当に便利で、冬に除雪の「ママさんダンプ」という大きなスコップを置けるし、玄関ドアが凍り付くことも防いでくれます。

実は私の家は玄関フードが無く、ドアや鍵が凍って家に入れなくなったことが有ります。

玄関フード超重要!

 

多くの家の外には大きな灯油タンクが有りますが、本州の家ではないのでしょうか?

当たり前すぎて気づかなかったけど、もしかししたら本州ではあまり見ない光景なのかも。

多くの家ではストーブ必須なので、灯油タンクが有れば定期的に配達、給油してくれて便利なのです。

 

逆に北海道の家にない物は雨どいと雨戸です。

こちらも冬に凍ってしまため無いようですが、私はこの二つ未だに実物を見たことが無いかも。

 

ちなみに、私が本州に行ってびっくりしたのは、家と家の間が狭すぎること。

瓦屋根が沢山あって全部お寺かと思ったこと。

家の外にミカンや柿がなっていたり、竹林を初めて見た時は感動しました。

絵本の世界みたいだ~って。

楽しい妄想、家について

 

先日前々から気になっていたログハウスの展示場に行ってきました。

家を建てる予定はなく、ただ私が見てみたかったので行っただけです。

もともと、住宅展示場やモデルハウス、家の図面や写真を見るのが好きで、色々妄想を広げるのが楽しいんですよね。

今回行ったところはかなり遊び心のある家が5,6棟建っていました。

 

昔なら2階建ての広い家に憧れていたけれど物を減らして自分たちの生活もコンパクトになった今、平屋のこじんまりした家に憧れます。

今では掃除のしやすさをまず一番に考えてしまう現実的な妄想です。

今回見た中でもコンパクトなのが売りの家が有り、平屋ではないけれどロフトのような2階が魅力的でした。

 

最近の妄想ですが。。。

掃除がしやすく実用性も考えて、もし今の私が家を建てるなら、理想の家は昔ながらの日本家屋です。

 

例えば、襖で部屋を仕切ることが出来、開け放てば広い一間になるような平屋の家。

掃除のときは襖をあけてロボット掃除機にお任せできるし、夫婦別々に過ごしたい時や子供が帰ってきた時は、それぞれの個室も作れる。

 

それから、縁側にも憧れます。

ウッドデッキではなく、ちょっと広めの屋根が付いている縁側で天気のいい日はお茶を飲みたいな。

天気が怪しい日も縁側なら洗濯も安心して干せて便利じゃないかなと。

 

あとは土間もいいな。

冬は雪かき用のスコップや防寒ジャンバー、長靴はとても場所を取るし雪が付いたまま持ち込むことになるので、玄関や家の中がべちょべびょになるのが嫌なんです。

あと、夏は実家の畑で野菜が取れるのですが、大量に採った野菜を置いておくにも良さそうです。

 

昔の日本家屋の良さと洋風のおしゃれな雰囲気を兼ね備えた家。良いと思うな~

職場での謎。かなりどうでもいい話

ある冬の出来事。

北海道の冬、雪が降った後に車に乗る時は、車に積もった雪を下してからでないと出発できません。

仕事終わりにも、車の雪下ろしをしてからでないと帰れないので、早く帰りたいのに凍える外でこの作業はかなり面倒です。

 

ある時、同じ島(机の)の人が

「いつも帰る時に俺の車だけ雪がなくなってて、誰かが雪おろしてくれてるんだよね~」

と言いだしました。

「誰だろうね?」と机が近い人たちで予想が始まり、

その人も思い当たる人には直接聞いて確かめるのですが、みんな違うといってなかなか見つかりません。

謎のまま一週間ほどが経ちました。

 

当時、私と夫は同じ会社に勤めていたので(今は夫が転職し別の会社に勤めている)

帰ってからこの謎の話をしたところ、サラッと

「俺だよ」

だって。

えぇっ~!全くの盲点だったので思わず

「お前か!」

と叫んでしまいました。

 

同じ会社でも勤務時間が異なる私たちは各々の車で通勤していたのですが、その時期だけ車が1台になり、私より30分早く終わる夫が車で待っていたのです。

いくら車でも寒いのでどこか別の場所にいると思っていた私は、まさか夫とは露ほども思わず、ビックリです。

このことを、当の本人に話すと「○○か~!!」

と速攻でコーヒーを買い夫に持って行ったようです。

 

確かに夫が雪下ろしをしてあげていた人と夫と私は、元々別の事業所で働いていたのですが、そこが無くなり一緒に今の職場に異動してきた仲なので、職場ではドライな雰囲気をかもし出している夫も仲間意識が有ったのかもしれません。

 

そんな訳で滅茶苦茶身近に謎の答えが有ったという話でした。

なぜこの話を突然思い出したかというと、現在また職場で「謎のトング」が話題となっていて

~毎日洗い桶に黄色い小ぶりのトングが有り、帰りに片付けても朝には出現している。

「会社でトングなんて何に使うんだよ?」「誰だ、誰だ?」と

事務所の中で密かに持ち主を探している。という超どうでもいい謎~

 

そう言えば、こんなことも有ったなぁと懐かしく思い出したのでした。

夫の励まし方

私は昔からずっとがっちり体型。

筋肉は付きやすく脂肪も付きやすい。というか取れにくい。

身長も高い方なので、たぶん周りには大柄なイメージを持たれていると思います。

実際、女性にしては力も強いようです。

なので線の細い華奢な体にあこがれ続けています。

 

「筋肉が付きやすいのはしょうがないけど、常に脂肪も一緒にあるんだよね。

高級和牛の霜降り状態かも。」

と夫に愚痴ったところ、いきなり何かのスイッチが入り私がいかにプロレスラー向きなのかを熱く語りだしました。

 

「プロレスラーは筋肉だけだとダメなんだよ。

防御には脂肪が必要で、なんちゃらかんちゃら。。。。

なかなかそういう体を作るのは大変で、なんちゃらかんちゃら。。。

だから、プロレスラーになるには最高の体型だよ!!」

 

って、私褒められてるらしい。

「あ、あ、ありがとう・・・・慰めてくれたのね」たぶん。

 

女子プロレスラー確かにかっこいいよね。

昔から運動は好きな方だったけど、プロレスラー目指すという発想はみじんもなかったよ。

今から目指すには遅すぎるしね。

 

ちなみに、若い頃から母は私の事をちょいちょい「アマゾネス」と呼びます。

最近、白いノースリーブを着ていたら父からは「ランボーみたいだな!」と言われるし、しまいには男かよ!しかもランボーって。。。。

身近な人から見た私って、常にそんなイメージ。

いつか華奢な体になってやる!

あ、性格の見直しも必要か?